リバブレーションチャンバーについてのこと

特許のある技術になります

リバブレーションチャンバというのは、MIMO技術に使われているアンテナの絶対的な評価に必要となってくる実反射環境を作ることが可能になっているマルチパス・シミュレータのことです。ちなみにしっかりと特許取得済みです。この時に注意したいのが、特許出願済みとは違う、ということになります。つまりは、既に特許が認められている、ということです。この二つには大きな違い、隔たりがあるといえますから、注意しましょう。

リバブレーションチャンバの測定法で可能なこと

リバブレーションチャンバで測定できる値というのは、いろいろとあります。まず総放射電力を測定することができます。更にはスループット、そして、総等方向性受信感度です。これがとても重要視されており、正確な感度を求めることが実に大きなメリットになっているわけです。後は、実装状態でアンテナ・ダイバーシチの強さについても測定することができるようなっています。総放射電力と受信感度が正確に測ることができるのは大きいでしょう。

要するにやることというのが

要するに出来るこというのがTRP及びTIS/TRS、そしてアンテナ効率の測定ができるわけです。電波というのは、目に見えることではないですが、その指向性なども含めて正確に把握しておく必要があり、そのための機械である、ということを覚えておけば良いでしょう。端的にいってしまえば試験用機械といえるわけです。特に良いとされているのが長い反響時間を持てるように作られた電磁波の環境状態を調べる機械として地位を確立されています。

リバブレーションチャンバーは、無線端末に求められる受信感度などを、従来とは比べものにならない精度で測定出来る装置です。小型なので、たとえば事務所内にも設置することが出来ます。