災害時に効果を発揮する太陽光発電の魅力とは

太陽光発電は本当に経済的なのか

太陽光発電システムの導入を考えるご家庭は多いでしょう。ですが、導入するのにかかる費用が高額なため、助成金のある地域でも躊躇してしまう人がほとんどです。太陽光発電システムの工事をしても、お金がかかるのはそこまでではありません。何年、何十年も使うものですから、いつかは故障をしてしまいます。保証期間内ならいいのですが、保障期間が切れたらどうなるのでしょう。最近では保証が永久という会社もありますので、初期費用が多少高額になったとしても永久保証のシステムが安心ですね。

年間の電気代を単純計算してみよう

太陽光発電システムについて問い合わせる前に、一年間の電気代を合計してみましょう。夏や冬の高額な時期や、オール電化にしたいのならガス代も足してみるといいでしょう。合計金額をメモし、太陽光発電システムにかかる費用を店舗に算出していただき、一年間の電気代やガス代の合計で割ってみましょう。さて、何年で元が取れるでしょうか。きっと、数十年なんて単位になってしまいます。数十年後には自家発電の研究が進んでいて、もっと安く、もっといい自家発電システムが出来上がっていることでしょう。電気は余ったら売ることができますが、太陽光発電システムを電気代の節約だけで導入するのは、あまり意味がない事かもしれません。ですが、このシステムには停電時にも使用できるといったメリットがあります。導入を考える時には、他のメリットも考えて参考にしましょう。

進化する太陽光発電システム

太陽光パネルはまだまだ大きい物が主流です。ですが、常に研究を進めているので、新しいパネルは面積が少しずつ小さくなっていたり、軽くなっていたり、変化しています。以前話題になった太陽光パネルに「世界最小」と言われたパネルがありましたが、それは、縦1cm横10cmのパネルで、たった1枚で平均的な1家庭分の電気を発電できるというものでした。レンズを使用したり、多くのアイデアを凝縮したその太陽パネルは、その当時、まだ安全性に問題があると言われ商品化ができませんでした。コンパクトで材料費が安く、工事がラクだという事で、商品化すれば大きな価格革命となるでしょう。早く安全性を確保して、商品化して欲しいですね。

太陽光発電は、ソーラーパネルを設置し発電するものです。発電した電気は家庭で使うのはもちろん、余ったら売ることもできます。